http://bookcafe.exblog.jp
2004年は...

いやはや、またもって更新のタイミングがあいてしまいました。そして、年末。
日々、アクセスしていただいている方にはとても恐縮。ホント、ごめんなさい。
11月から12月は、持病といくつかの小さな病に悩まされ、病院に通う日々。PCに向かう時間も減りました。弱ってしまったカラダにつきあいつつ、心までしんみりしてしまう日々でもありました。今は殺界なのか、と思ったり。細木さんの占い本まで買ってしまったり。

年末に向かうにつれ少しづつ体調が戻り始め、昨日でようやく仕事が終わったせいもあってか、今ほっとした時間を少しだけ過ごしているところです。
仕事納めの昨晩は、凝り凝りしていたり、冷え切ってた気分をほわっとさせてくれる気持ちに触れられて、心も新たに2005年をむかえられそうな気がしています。痛みも何も心の持ちよう、かもしれませんね。
ほんの小さなあたたかい気持ちに触れられたことであたたまる、さりげなくかえてもらった一言であたたまる、人ってやっぱりそんなものだ、なんて思いました。

夜中にひっそりと読む本からも、同じようにそれはもらえて。だから、大切。
そして、滞ってしまいましたが、blogを始めてからも、コメントやトラックバックをもらう事で、共感というすてきな気持ちをもらっているのだなあと思っていました。
一年(に満たないですが)、ありがとうざいました。
来年もどうぞよろしく。来年こそは、夢を叶えたい。

よい年をお迎えください。そして、たくさんのよい本に出会える一年でありますように。
[PR]
by book_cafe | 2004-12-31 12:03 | __ note 「... 」
<< 2005年は... 触れるまで、と。 >>