http://bookcafe.exblog.jp
雨降りの日には。
雨が降っています、しとしとと。(いや、じとじとと、だな)

小さい頃、雨降りで外に遊びに行けない日は、本を読んでいたなあ。
だからかな、雨が降る日に家で本を読むのは好きだ。
窓際にすわって、雨を眺めたり、雨の音を聴きたりしながら。

むかしほど、外に遊びに行かなくなった今は、以前よりもっと
雨の日に本を読むのが好きかもしれない。

物語りを読み始めると、他はなにも手につかなくなるんだけど、
エッセイや短編の場合は、お茶の時間をはさんで、数冊に手をつける。
本読みの小机に積んであるのを読んでみたり、触ってみたり、眺めてみたり。
また、別のを本棚から出してみたり。
濫読気味。

明日も、雨かも。
なんて思いながら、冷たいビールを手に本をめくる。真夜中。至福のとき。
[PR]
by book_cafe | 2004-10-12 00:19 | __ note 「... 」
<< 『月と菓子パン』 『まぼろしの大阪』 >>