http://bookcafe.exblog.jp
カテゴリ:__ note 「... 」( 29 )
ようやく店をオープンしました。
5月13日に、ようやく店をオープンしました。
物件の話をいただいてから、およそ2カ月。なんだか、毎日がものすごいスピードで過ぎていきました(今年は、GW中に見事に咲き誇った桜も見ることもなく…)。

もっとさかのぼると、ここ数年はカフェのオーナーをしている友人の店での修業の日々でした。
取材以外は、デスクワークの多かったわたしの鈍ったカラダ。毎日へとへとでしたが、新鮮であり、たのしくもあり…、あっという間に2年も経ってしまっていました。
そしてその間にも、物件探しをしつこく続け・・・。  >>観光客をメインにすえた店づくりをしないかぎり、カフェの立地としてはあまりよくないと言われる西部地区 (ハコダテが大正明治昭和と繁栄していた記憶の残る古い場所ですが、今は観光エリアとして人目に触れる場所はなんとか整備されているもののそれ以外は、高齢化などにより諸理由により衰退の一歩をたどる地区なのです。だけどすごく好きで…) にこだわり続け、見つからない見つからないと、諦めそうになっていた矢先にいただいた空き物件の話でした。

そういうタイミングでこうして店を始められるのも、短いながら実経験をさせていただいたからだなあと、今ほんとうに実感しています。たとえば、本についてはある程度知識があったとしても、カフェについてはまったくの素人でしたから。そんな自分が、店を始めていたとしてもやっぱりどこか片手落ちだったろうと思いますから。

いずれも、とてもかけがえのない縁があってのことなので、ほんとうにいろいろと感謝の気持ちでいっぱいになっています。


さて、オープンさせちゃったので、これからはノンストップです。
ブックカフェというには、まだまだで。こーしたいあーしたいがいろいろありますが、ゆっくりのんびりと店を作っていこうと思っています。

このblogは、このエントリで更新を終えることにします。
今後は、店での日々を綴っていくblogのほうで書いていこうと思っています。本のレビューなども、その中で。
もし、お付き合いいただけるようなら、そちらのほうでまたお会いしたいと思います。
このblogを読んでくだっていたみなさん、ほんとうにありがとうございました!

b0020735_0323556.jpg

[PR]
by book_cafe | 2007-05-24 00:26 | __ note 「... 」
たいへん、ご無沙汰しておりました。

m(_ _)m

少なからず、このページにアクセスがあることを
今確認しました。更新せずにいてごめんなさい。
話せば(いや、書けばか)、なにやら長々なりそうなので
割愛しますが、ようやく念願のブックカフェをオープンする
ことになりました。



思考が、どうにもこうにもマルチタスクではないため、修業に
追われる日々の中、こうしてblogへの更新はできずいて、
今に至っております。

オープンする店のあれこれは、新しいblogに日誌として
公開していくつもりです。
今、いろいろいじっているところなので、近日中にURLを
こちらに書き込みたいと思っています。


この場所を今後どうするかは、ちょっと未定でいます。(と
いうか、まだ、考えがそこまで及んでいないというか・・・)。



とにもかくにも、オープンに向けてこってりな日々では
ありますが、わくわくもしています。
本をかいして、すてきなコトがたくさんありますように。
[PR]
by book_cafe | 2007-05-05 03:02 | __ note 「... 」
2006年
事初め。

じぶんのやってきたこと、やっていることを中途半端なままほっとくというのは
じつにダメなことで。そういうのきらいなのに。
で、心機一転。


とりあえず、トラックバックがすごいことになっていたので大掃除してみた。
再開を記念して、とりあげようと思っている本があるので、あとで書いてみよう。

よい一年にしたい。
初夢、よかったよ。未来を暗示している夢なら、きっとしあわせになりそうだ。
[PR]
by book_cafe | 2006-01-02 16:16 | __ note 「... 」
春が来るというのに休眠とは・・・・。ね。
更新が滞っているにもかかわらず、アクセスしていただたいてるみなさん
ごめんなさい。
じつは、まだしばらくは更新できそうにない状況です(夜な夜な、本は読んでいるんですけどね。。)

再開はいつになるかわかりませんが、この場所は、気に入っているので
とりあえずしばらくは、このまま残しておこうと思っています。
これまでのコメントに感謝です。
ありがとうございました。とりいそぎ。m(_ _)m
[PR]
by book_cafe | 2005-03-24 00:23 | __ note 「... 」
.

『hinism』、到着しました、2号と3号。
午後の時間を使って、しばしページをめくりました。
……ので、「何かがひそんでいそうな雑誌」を再編集しました。
[PR]
by book_cafe | 2005-02-18 18:51 | __ note 「... 」
blogも部屋も少し整理、な連休1日目
ライフログに、本を追加。そして入替。連休だしね。
病的に買っている「食」についての本を何冊か。
最近はあまり買っていないので、少し古いものもあるかもしれない。
それにしても、なんだかオヤジ系。
中でもオススメというのを、近日にでもレビューしてみたいと思ってます。

あー、それにしても寒い。冷え冷え。
カラダを動かそうと部屋の掃除をはじめたものの、そこらに
山になっている本や雑誌を読み始めて脱線が続く。かたづかない。
明日も、あさってもあるから、まあいいか。
[PR]
by book_cafe | 2005-02-11 16:17 | __ note 「... 」
ヴィレッジヴァンガード再考
ひさしぶりに投稿。

ブックカフェの物件探しに少し動きがあって、バタバタしていました。
構想はそれなりに立てていたつもりだったけど、いざ物件を目の前にすると、より具体的に考えられるということで、書類を作ったり、電卓をたたいてみたり、人に会って話を聞いたり、と濃い日々でした。
に、加えてひさしぶりに編集のシゴトの依頼も。働いている時間なんてないよぉ、なんて気分ではありますが、稼ぐ必要もあり・・・と打合せに出向いたり、企画を考えたり、あれこれと机上に向かう日々でもありました。

そんな間に読んでいた本。『菊池君の本屋~ヴィレッジヴァンガード物語』(永江 朗著)。
以前から読みたいと思っていたけど、地元の書店の棚にはなくて、いつの間にか忘れていて。先日、ブックオフの100円コーナーで見つけて、さっそく購入。
おもしろかった。
「本屋、はじめました」的な本は、それなりに読んでいたけど、これはとっても参考になったな。
ヴィレッジヴァンガードのことだから、っていうのもあるかもしれない。やっぱり独特だから。
初版が1994年。もう10年以上も前になるのに、色あせてないんですよね、考え方が。
それだけ、書店業界というのは旧態依然としているわけなのね、きっと。

今現在は小さなブックストアがあちらこちらにあって、また少し、業界が動いている気がするけど、ヴィレッジヴァンガード以降、新しい考えを持って業界に新風を送ってくれる本屋はできていないような気がする。

Ⅰ章の永江さんのリポートも突っ込んだものだったし、Ⅱ~Ⅵ章の菊池さんの語りも、具体的で参考になるものだった。Ⅶ、Ⅷ章は「経営戦略」をテーマにした対談。ブックガーデン(!?)の販売部長である江口さんという方との対談では、「菊池さんの店っていうのは、エディター感覚、エディターシップを楽しんでいるよね」と。編集する本屋、というワードが登場してた。
リブロの今泉さん×菊池さんとの対談では、今泉さんが「空間全体に味わいがある」とヴィレッジヴァンガードを評していましたよ。
ヴィレッジヴァンガード的な空間を好きか嫌いかは別として、書店という空間にも味わいがあってしかるべし、とわたしもすごく思う。(つねづね、古本屋のほうが居心地がいいと感じていたのは、そういうわけだったのかもしれないな・・・)
「読者が本屋に入って、あるイメージを受ける、感動を受けるというのは、単純に商品を見つけて買うということだけではありませんね。むしろ、その商品を置いてある書店が気に入るかどうかが重要です。それは本の配列が十進分類法的に整然としているというよりも、棚全体がまとまって何を表現しているかということで。それが読者にとっては『よく揃っている』という言い方になるのでしょう」
とも話していた。ふむふむ、です。往来堂書店にもつながるはなしですよ、これは。

カフェの空間の中に、本の棚を作ろうと考えている(本屋の空間にカフェを作ろう、にはならないあたりが残念ですが)、、これからのわたしにとっては、とても気にある言葉でしたよ。ほかにも印象深い話や考え方がたくさん。
ひさしぶりに行ったブックオフで、めぐり合うべくしてめぐり合ったという感じの一冊。折をみては、ページを開くような気がする。
[PR]
by book_cafe | 2005-02-07 01:10 | __ note 「... 」
感想を書く。

逃避かもしれないなあ、と思ったりして、考えてた。

小説は読み始めると止まらなくなって、数時間は日常をおきざりに、没頭する。
ノンフィクションがすごく好きで、むさぼるように読んでいた時期もあった。誰かの何かの物語に触れるのはとても得がたい体験だし、読んでいるその間、自分が別のところにいる感覚が心地よくもあって、物語を読む時間を大切にしてた。
ここ数年、小説は年に数冊ほどだったけど、年明けからいきなり、すごく読みたい気分になって、読んでいた。

で、今の状態が、たとえば逃避だとする。何からの?
わからない。
わからない、・・・そんな感じが昨年後半から続いていた(正確には続いている、のかも)。
むかしは、怒ったり泣いたり、笑ったりも、常に敏感に反応してたし、好きとか嫌いの感覚もはっきりあった。自分の気持ちに対して貪欲だったから、「わからない」と答えを出せないこの状態を鈍くなったのかなあ、なんて思ったりもした。反面、「世の中、カンタンに答えを出せないぼやけた感覚というのもあるもの。歳をとって、まあるくなったのかもしれないね、自分」なんて思ってもしてた。
でも、わからない自分のことを、ただほっておいただけかもしれない。
「触れるまで」なんて、ただの言い訳かもしれなかった。
どう思うとかどう感じたとか、むかしならば、なにを観ても聴いても、自分の中でなにかしらの感想があったし、答えもあった。人生の難問(!? 笑)にも、なんとか自分なりに答えを出してきた。
そのことに、ここ数日、blogに小説の感想を書いていて気づいた。
感想を書くことは、どう思ったかなわたし、どう感じたんだろうわたし、と自分に向き合う作業なはず。それ、忘れてた。


とりあえず書こう。ただ、つらつらと。
本を読む、映画を観る、町を歩く、おしゃべりする、食べる、ニュースを見る、どんなことでも、感じたり想ったりってあるはず。自分の中のそういう感覚、見逃したらダメでしょう。「わからない」と思う、そのあいまいな感覚の答えがひそんでいるかもしれないし。
鈍くなったかも、なんて歳のせいにするなって。
[PR]
by book_cafe | 2005-01-15 21:35 | __ note 「... 」
2005年は...
あけましておめでとうございます。

新年5日めにしてようやく始動です。
年末年始は、とてものんびり過ごしていました。
初詣は3日に。縁結びの御利益のある神社へ。
縁結びって、男女のご縁をお願いするものと、長いこと思っていましたが、たとえば安産祈願にもよかったり、さまざまな「縁」に、御利益があると聞いたので。
よい「縁」に恵まれますよう、お願いをしてきました。

おみくじは「大吉」。
---何事も末の見込がある改めかえてよい運です、と。うれしい一文です。
気になる商売については、「見込確かなれば儲有」。
たしかにそうでしょうとも、と思いつつ真摯に受け止めました。

2005年。志も新たに、前向きに過ごしていきたいと思っているところ。
いっぱい笑いたいし。
このblogも、看板部分に少し手を入れました。
リニューアルを試みたときになんとなく作っていたもので、新しい年ですし…と、微調整しながらはめてみました。いじっていてたのしかった。
本の紹介もせずに看板づくりにハマってしまって、book_cafeとしては、本末転倒ですが(苦笑


今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by book_cafe | 2005-01-05 14:30 | __ note 「... 」
2004年は...

いやはや、またもって更新のタイミングがあいてしまいました。そして、年末。
日々、アクセスしていただいている方にはとても恐縮。ホント、ごめんなさい。
11月から12月は、持病といくつかの小さな病に悩まされ、病院に通う日々。PCに向かう時間も減りました。弱ってしまったカラダにつきあいつつ、心までしんみりしてしまう日々でもありました。今は殺界なのか、と思ったり。細木さんの占い本まで買ってしまったり。

年末に向かうにつれ少しづつ体調が戻り始め、昨日でようやく仕事が終わったせいもあってか、今ほっとした時間を少しだけ過ごしているところです。
仕事納めの昨晩は、凝り凝りしていたり、冷え切ってた気分をほわっとさせてくれる気持ちに触れられて、心も新たに2005年をむかえられそうな気がしています。痛みも何も心の持ちよう、かもしれませんね。
ほんの小さなあたたかい気持ちに触れられたことであたたまる、さりげなくかえてもらった一言であたたまる、人ってやっぱりそんなものだ、なんて思いました。

夜中にひっそりと読む本からも、同じようにそれはもらえて。だから、大切。
そして、滞ってしまいましたが、blogを始めてからも、コメントやトラックバックをもらう事で、共感というすてきな気持ちをもらっているのだなあと思っていました。
一年(に満たないですが)、ありがとうざいました。
来年もどうぞよろしく。来年こそは、夢を叶えたい。

よい年をお迎えください。そして、たくさんのよい本に出会える一年でありますように。
[PR]
by book_cafe | 2004-12-31 12:03 | __ note 「... 」