http://bookcafe.exblog.jp
カテゴリ:__ note 「... 」( 29 )
保留、がいっぱい。
保つと留めるか。
なんだか、自分の中で案件がいっぱい。気持ちもいっぱいいっぱい(苦笑

以前ならば、小事も大事も即決なわたしだったが、最近はそうもいかなくってきた。
保守化傾向にあるのだろうか。それとも、歳のせいか(にはしたくないなあ)。

考えてみれば、地元に戻ってからはずっとそんな感じだったかもかもしれないなあと振り返ってみたり。
自分の考えていることに自信が持てなくなることがしばしば。価値観もぐらぐらしている気がする。
そんな自分だから、目の前に、自分にとっての大切なものがあっても、
もしかしてそれを見過ごしているのかもしれない。…あうー、そんなのイヤだ。

すっきりとした自分にならないと、新しいことなんか始められない気がしてくる。
b0020735_14121344.jpg
・・・そんな日々につき、『僕たちは編集しながら生きている』を再読。
スーパースクールに通っていたあの時、時代を見たり、感じたりしていた自分を、もう一度思い出してみよう。
[PR]
by book_cafe | 2004-10-17 14:03 | __ note 「... 」
雨降りの日には。
雨が降っています、しとしとと。(いや、じとじとと、だな)

小さい頃、雨降りで外に遊びに行けない日は、本を読んでいたなあ。
だからかな、雨が降る日に家で本を読むのは好きだ。
窓際にすわって、雨を眺めたり、雨の音を聴きたりしながら。

むかしほど、外に遊びに行かなくなった今は、以前よりもっと
雨の日に本を読むのが好きかもしれない。

物語りを読み始めると、他はなにも手につかなくなるんだけど、
エッセイや短編の場合は、お茶の時間をはさんで、数冊に手をつける。
本読みの小机に積んであるのを読んでみたり、触ってみたり、眺めてみたり。
また、別のを本棚から出してみたり。
濫読気味。

明日も、雨かも。
なんて思いながら、冷たいビールを手に本をめくる。真夜中。至福のとき。
[PR]
by book_cafe | 2004-10-12 00:19 | __ note 「... 」
どうもどうも、です。
日々、blogに立ち寄ってくださっているみなさんへ。
どうもありがとうございます。
まだ一カ月も満たず、未だ試行錯誤が続いているのですが、
本が好きな方たちと会話している感じがして、とても愉しい日々を送ってます。

リンク、やっと使い方がわかりました。
随時、入れていこうと思っています。
わたしのところから、誰かのところへ、興味の向く道筋がどんどん広がって
くれるとうれしいなとやっぱり思いますから。

blogの書き方も思案しているところです。
シゴトモードじゃなく、目に見えない不特定多数の方に向けて書くというのは、
わりに悩みます。(記録というスタンスでいこうかと思っていたのですが)。
・・・こちらも試行錯誤してます。
ただひとつだけ。自分の身に沁みないコトバは使わないようにしようと、
それだけは思っています。
だから、ヘンな文章もありです。よろしく。

それと、、、、、ゆっくり長く続けていきたいと思っています。
ブックカフェ(古本喫茶)の事業計画は、かわらず進行中(難航中)です。
ただ、この場は、勝手きままなわたしの本読みの場所でありたいとも
思ったりして、「ブックカフェopenまで」は、このblogから独立して
別場所を作ろうかとも思い始めています。
が、この件もやっぱり試行錯誤です。

・・・と書きつつ、「リンクしさせていただきました」という、それぞれのblog
へのコメントを割愛させていただきました。この場をかりて。
いずれにしても、末永く、どーぞよろしく。
[PR]
by book_cafe | 2004-10-04 00:39 | __ note 「... 」
作りたくて作ったという感じが。
b0020735_0514087.jpg


作りたくて作ったという感じが伝わる、ミニブックのような本がおもしろいなと思っている。
いずれも、極私的な感じ。とりあげているものに敬愛がある。

シゴトで雑誌を作っていた時期を考えると、とりたてて取り上げたいと思わないものでも、
記事として扱わなければいけないこともあったりしたし、企画もニ番煎じだったり、使い古
された表現をして、コトバにもこだわりがなくなったりして。どこかで消耗してたな。
作りたくて作る。モノ作りの原点だよなあ。


『fu-chi』
 > 新しく創刊されたみたい。スタイリストの小澤典代さんなんかが名を連ねている。特集2の「『CAFE SHOZO』を知っていますか?」がおもしろかった。

『mini book hana vol.4』
 > 「A parfect day for a reading ... BOOKS! 」が特集。ベルギーの本の村の話、恵文社の堀部さんやCOWBOOKSの松浦さんのインタビュー収録。読みたくて、あわてて手にいれた一冊。

『SUMUS』
 > すごい読み応え感あり。写真は「まるごと中公文庫特集」の号。『SUMUS』は何冊か持っているんだけど、この号は読んでいません。ううう。…(/_;) 欲しい。。

『いろは』
 > すごく気になって、取寄せました(なんで、知ったんだっけ?)。随筆家、森田たまさんという方を知らなかったので、すごくおもしろかった。骨董・民芸に興味があるし、益子は好きな町なので、話題が全部よかったな。

『Arne』
 > 大橋歩さん編集。ひそかに、いやその筋(どの筋!?)では脈々と話題になっている本。すでに9号めか。記事のほそぼそに、暮らしについての独特な目線があって、いい本だなと思う。

---
一部だけど。
こういう小さな本、買い逃したくないなと思っている。
まだ知らないでいる小さな本、たくさんあるんだろうなあ。
[PR]
by book_cafe | 2004-09-30 00:33 | __ note 「... 」
今宵の月は…。

ベランダに出て月を眺めた。
深い雲の合間から、満ちた月が光を放っていたので。

月。月が書名の本をどれだけ知っているだろうと考えたら、
ぱぱっと思い浮かんだのが、なんと4冊。とほほでないの。

『ドリトル先生月へ行く』
『月光浴』
『月と菓子パン』
『月と六ペンス』

ためしに、
Books or.jp で、「月」が付く書名を検索してみたら、今手に入る本だけでも、
5,686冊。(一部、ダブリあり)


ちなみに、
『古本屋 月の輪書林』は以前から気になっている一冊。
早急に手に入れたいと思ったり。
[PR]
by book_cafe | 2004-09-29 00:19 | __ note 「... 」
意識のつながり。
〔165〕リンク=つながるということ

exciteのブログにはレポートという機能があって、
アクセスされた数がわかるんですね。
ここ数日、すごく増えててちょっと驚いてしまいました。
いろんな方が見に来てくれているということでしょうか。

「意識がつがなっている」、「意識でつながっている」
という感じがして、なんだかうれしい日々です。
そこには、小さな共感があったり、発見があったり。
わたしはココにいるんだけど、ココじゃないどこかに
いるような感覚もあったり。
[PR]
by book_cafe | 2004-09-26 20:05 | __ note 「... 」
ひざかけ必須の夜だ。
ここ数日は、電卓片手に頭の中で数字が飛び交っているなんとも色気のない日々。
読みたい本も山となっている。せっかくの、深い秋の夜なのに。

せめて、と今まで読んだ本をライフログに少し追加してみた。
思いついた順に。
脈絡ないな。
[PR]
by book_cafe | 2004-09-22 00:45 | __ note 「... 」
自分のことを少し。

きょうは、ひさしぶりにシゴトをした。
インタビューをして記事を書くシゴト。
インタビューは、話をすることで相手に触れられるという感じ
が好きだし、話を聞くことで自分自身の中で気づきが多く、
好きなシゴトのひとつ。本業は編集者なのだけどね。
そして、近い将来、小さなブックカフェを
オープンしようと計画している。

本や雑誌は、わたしにとって、いつの間にかとても大切で特別なモノ
になっていたんだよね。
なので、記事を書くこと、本を作ること、売ること、すべてに
かかわりたいと、贅沢にも思っていて。こじんまりとじっくりと。

このblogの「Book cafe」は、わたしが真夜中にしっとりと
本を読む部屋のようなものだけど…、わたしが作る小さなブックカフェも
そんなふうでありたい。
このblogの「Book cafe」は、オープン前の修行のような場、かな。
どうぞ、末永く続けられますように。 >自分


さて、あすから関西へ。旅の目的は、本屋とカフェ。
神戸~京都~奈良~大阪をまわる予定。
土地勘がないところだから、ひさしぶりにガイドブックなどを買い
○をつけたり__をひっぱったりと、準備もかっちり。
いつになく、内容もじっくりと読んだから、事前に4都横断の
主要交通機関乗り放題のチケットがあるって情報も手に入れたし。
移動が多いから、本も数冊持ってっと(すでに背中が重そう)。


関西は、ありがちな価値観にとらわれることなく
独自な空気を持つ店が多いように思う。
本をめぐるよき風景に出会えることを祈りつつ。
おいしいお茶も、飲めますように。

旅の収穫は、blogに記録する予定。
[PR]
by book_cafe | 2004-09-08 21:56 | __ note 「... 」
やってみるか、と思い立ち。


       ┐(  ̄ー ̄)┌  ........ よろしく。
[PR]
by book_cafe | 2004-09-07 05:30 | __ note 「... 」