http://bookcafe.exblog.jp
カテゴリ:__ 雑誌箱( 2 )
何かがひそんでいそうな雑誌。
『hinism(表記はsの字が、& の逆さになったもの)』。ヒニスムと読むらしい。南青山にあるWALLというギャラリーが編集・発行した雑誌、とのこと。
知らなかったんだよね、周辺の本屋さんに並んでいなかったから。
偶然にもサイトで見つけて、オンラインで注文した。
なので中味はまだ見ていないんだけど・・・。でも、およそ気に入るであろう感じが表紙から感じられて。b0020735_19245795.jpg
0号のテーマは「Craft」。「日々にみる、日常にいきる、日本に住む、そして日本に宿る」、「心と手業の形を見つめることから始まる」などなどがコンセプトらしい。

最近、なんだか懐古な気分。触れたいものは、むかしの生活の中にあるような気がしている。

感想文を読む ...>>
[PR]
by book_cafe | 2005-02-15 19:42 | __ 雑誌箱
しずかな気配の雑誌。

情報がてんこもりの女性誌より、どちらかというとおやじ系の雑誌が好み。
ここ数年は、特に。

忙しかったシゴト中心の生活から足を洗おうとしているところだし、一杯のお茶を、ゆっくりと味わう暮らしがもっかの目指すところだし。いちいちの物事にも、いそがずに丁寧に考えていこうとしているところだし。
というか、もともとおやじ趣味だったような。オトコだったら、太田和彦さんのように、居酒屋を放浪してみたかったと、思っているもんな。

b0020735_2195447.jpg
とにかく今は、じっくりと読ませてくれる、しずかな気配の雑誌が気に入っている。
なかでも『住む。』は、わたし的に大絶賛。
食べること、暮らすことに、興味があるせいか、毎号毎号、たのしみしている。
秋号の特集もすごくいい。「食べる場、つくる場」。

大好きな長田弘さんが巻頭に詩を寄せているのもいい。

山となってる雑誌箱の中でも、特別扱い。とりわけいい場所に置いている。
[PR]
by book_cafe | 2004-10-04 21:10 | __ 雑誌箱